インフルエンザの流行地図やオセルタミビルの大人の量

8月を過ぎる頃から少しずつ感染などの報告があって、徐々に冬が近づけばインフルエンザも大々的に流行し始めます。その頃には、日本地図などに流行地域などが記載されて公開されていたりすることもあります。市町村の場合だと、地図もより身近なものとなりますので、参考にしてみると良いでしょう。

インフルエンザに感染するのは比較的免疫力などもまだない子供たちや年配の方などが感染しやすいです。オセルタミビルなども処方される事もありますが、その時には大人の量と間違えないようにしながら服用しましょう。オセルタミビルは抗インフルエンザ薬の一つで、経口薬となります。大人または37.5kg以上の子供には1錠を2回、5日間飲み続けていきます。子供に関しては異常行動なども見られることから、服用を差し控えるかまたは親がきちんと様子を見守る事で利用がされています。

感染してしまうとインフルエンザの症状は本当につらいものです。地図なども参考にしながら今どの地域にインフルエンザが流行しているのかを良く確認して、日々の対策に役立てていきましょう。外出の際にはマスクをしたり、アルコールなども携帯しておくと消毒もしやすいので便利です。子供と出かけるときには親がきちんと行き先を管理して流行地には極力近づかないようにするなどの配慮も必要でしょう。

オセルタミビルなどの抗インフルエンザ薬もありますが、使う時には正しく用法を守って使っていくことが大切です。大人か子供かでも使用量は違ってきますし、副作用などもないわけではありません。感染時には病院に出かけて医師と相談をして、治療をどのようにしていくかを決めてから服用をしていくようにしましょう。