インフル特効薬の成分のオセルタミビルは感染予防対策

インフルエンザは空気が乾燥している冬の時期にウイルスが増殖しやすくなるために罹りやすくなります。
インフルエンザの特効薬の成分の一つとして注目されているのがオセルタミビルです。
特効薬の成分であるオセルタミビルは何も治療のためだけでは無く予防効果もあります。
家族がインフルエンザに罹った場合は同居している人も感染する可能性が高くなりますが、体の抵抗力が弱い人はインフルエンザウイルスに感染すると深刻な事態になる事もあります。
そのような時にインフルエンザ特効薬を用いる事で感染予防対策をする事が出来ます。
どうして治療薬が感染予防対策になるのか、初めて知ると不思議に思う方もいますが、その理由について簡単に説明します。
まず、ウイルスというのは自己増殖をするのではなく細胞内に入って増殖をし、増殖したウイルスが細胞から遊離する事によって増殖していきます。
オセルタミビルを含んでいるインフルエンザ特効薬はノイラミニダーゼ阻害薬と言い、ウイルスが遊離する際にノイラミニダーゼというたんぱく質が重要なのですが、このノイラミニダーゼの働きを阻害する事によって遊離しないようにして増殖を抑える事が出来ます。
あらかじめ感染予防対策としてオセルタミビルを服用しておけば、その後にウイルスに感染してしまった場合に増殖を抑える事が出来、治療に役立つだけでは無く感染予防対策としても有効となるのです。
ただ、オセルタミビルを感染予防対策に用いるよりも、インフルエンザワクチンを接種する事によって予防するのが一般的な方法です。
家族にインフルエンザウイルスの感染者がいてインフルエンザに罹ってしまった場合に深刻な時に、緊急的な感染予防対策だと考えておいた方が良いです。