オセルタミビルと流行時期に医者にかかるときの注意点

オセルタミビルを有効成分とする治療薬が開発されたことによってインフルエンザに対する恐怖心が和らいだ人も多いでしょう。毎年、冬の時期になると流行するインフルエンザは高熱や悪寒、身体の痛み、せきやくしゃみなどを伴う重篤な疾患であり、かかってしまうと一週間程度は身動きがとれない状況になりがちです。高熱にうなされる一週間というのはつらいものであり、その期間を短くすることができるオセルタミビルの登場は誰にとっても大きな助けとなるものでしょう。オセルタミビルを服用してその治療効果を得るためには一つ条件があります。それは発症してから遅くとも48時間以内には飲み始めなければならないということです。そのため、インフルエンザにどういった自覚症状があるかということを理解し、時期になったらそういった症状に敏感になるということが大切になります。せきやくしゃみといった風邪と共通してしまう症状を参考にすると判断に困ることになるでしょう。特徴的なのは38度を越えるような熱であり、悪寒や腰痛、筋肉痛などを伴いやすいということです。こういった症状が流行の時期に現れたらまずインフルエンザだと思って医師の診察を受けるようにすることが重要でしょう。しかし、その際にせきやくしゃみが出ている場合には周囲の人達に感染を広げないための配慮も大切です。最低限のマナーとしてマスクを着用して医者に行くということは忘れてはならないことでしょう。インフルエンザの時期だからといって、医者に来ている人すべてがインフルエンザの診断を受けに来ているわけではありません。特にそういった人たちはインフルエンザへの感染に神経質になっていることが多く、せき一つがトラブルの原因ともなりうることに留意が必要でしょう。